保険金の支払いに関して不満がある場合

自動車による人身事故が発生した場合には、その損害を賠償するために自賠責保険が適用Šî–{ RGBされ、被害者に対しては国が基準で定めた保険金が支払われることになります。
こうした自賠責保険で実際に保険金請求などの窓口となっているのは、民間のそれぞれの損害保険会社であり、当然のこととして国の基準に則った運営をしているはずです。
しかしながら、なかには保険金の支払額が著しく少なかったり、あるいは請求をしたのに保険金そのものが支払われなかったといったことも稀にあります。
このように、自賠責保険の保険金の支払いに関して不満がある場合には、まずは保険会社に情報提供を要求するという手段があります。
これは自賠責保険の透明性を確保するために法律によって定められているもので、保険会社に保険金が支払われなかった理由などを照会すれば、保険会社からは書面をもって情報提供があるはずですので、ここで理由が正当であるかどうかを確認します。
その上で訴訟に及ぶことも可能ですが、その前により簡単な方法として、保険会社に対する異議申立てによって決定の見直しを求める方法、紛争処理制度を使って第三者機関に保険会社との調停を申請する方法がありますので、これらを試してみるというのもよいでしょう。