被害者・保険加入者への情報提供がカギに!

自賠責保険は、公道を走るすべての自動車が加入契約を結ばなければならないとされている、いわゆる強制保険の一種で、交???? Vol.68 ?????????通事故による被害を受けた人に最低限の補償をするために設けられている制度です。
自賠責保険の制度は、法律によって明文をもって規定されているところですが、この法律のなかでは、被害者や保険加入者が自賠責保険の保険金の請求をした場合、保険会社が保険金の支払いを行った場合、または保険金を支払うことを拒否した場合について、それぞれ書面による情報提供をしなければならないものとも規定されています。
具体的にどのような情報が提供されるかですが、例えば保険金の支払い基準の内容や、保険金の金額の決定などに不服があった場合の手続きの内容などがあります。
ほかにも、支払われる保険金の金額、後遺障害としての認定があった場合にはその等級や位置づけをした理由、支払い拒否であれば拒否した理由といったものが挙げられます。
これらは法律にもとづく事項ですので、万が一にも書面の交付がないような場合には、法律を盾にして情報提供を請求できますし、また、書面に記載されている理由に納得できないという場合には、異議申立てなどの次のステップを考えるためのカギともなります。

Filed under: 未分類 — smile 5:14 AM