異議申立をする時に気をつけたいこと

自動車事故の被害に遭って、自賠責保険に保険金を請求したにもかかわらず、保険金の金額や後遺障害等級の決定などに疑念があり、どうしても承服できないといった場合には、まずは損害保険会社に対して情報提供を求めることができます。
これは自動車損害賠償保障法に定められている保険会社の義務であるため、決定の理由などについて書面をもって明らかにしてもらうことができます。
それでもやはり問題があるという場合については、損害保険会社に対して異議申立をして、ふたたび審査をして決定をやり直してもらうという手続きが使えます。
この場合に注意しなければならないのは、保険金請求の際に、何が原因となってはじめの決定に至ったのかをよく確認しておく必要があるということです。
自賠責保険の場合、保険金の支払基準などは国が一律で定めているもので、どの保険会社であっても本来的に違いはないはずです。
そうであるとすれば、医師の診断書のような事実関係を確認できる書類に、ミスや不適切な箇所があったことが想定されますので、事故による症状により詳しいとみられる他の専門医に再診をしてもらった上で、あらためて診断書を取得するなど、何らかの手段をあらかじめ模索しておく必要があります。

Filed under: 未分類 — smile 1:38 PM