国土交通大臣へ申し出る手順とポイント

自賠責保険の保険金の支払いにあたっては、引受保険会社は書面によって保険加入者や被害者に対する情報提供をしなければならないことになっています。この情報提供の具体的な中味としては、保険金の金額、後遺障害の等級やそのように位置づけをした理由、保険金を支払わないときはその理由などが該当しており、これによって、保険加入者や被害者は支払いが果たして妥当であるのかどうかを知ることができます。
しかし、引受保険会社が必要な情報提供を行わなかったり、国が定める支払基準に違反した保険金の支払いを決定したような場合については、保険加入者または被害者は、国土交通大臣に対する申出制度を用いることが認められています。
この制度の手順として、まずは保険加入者または被害者が申出書を作成し、国土交通省自動車局に郵便などで提出をします。様式は特に定まっていませんが、事故発生日や引受保険会社の名前、当事者の住所・氏名、申出内容が書かれていればよいでしょう。申出書を受理した国土交通省の担当者は、事実関係を調査して、不当な取扱いなどの事実が認められれば、引受保険会社に対して、これを是正するように指示を行うことになります。
この制度を使うポイントとして、あくまでも基準の違反や情報提供の不備が理由となりますので、単に金額の折り合いがつかないということであれば、異議申立制度や第三者機関の紛争処理制度など、別の制度を使ったほうが効果的なこともあります。

Filed under: 未分類 — smile 1:39 PM