支払いについて確認することがある場合

自賠責保険は、法律で定められた自動車事故の被害者救済のための全国統一的な制度ですので、公平・公正に運用されていることはもちろんですが、場合によっては保険会社が決定した保険金の金額などに納得がいかないということもあり得ます。こうした場合に利用できるのが、保険会社による被害Šî–{ RGB者や保険契約者に対する情報提供の制度です。
自賠責保険を取り扱っている損害保険会社は、自賠責保険金の支払いについて、書面によって詳細な情報を請求した人に交付すべきことが義務付けられています。そのため、自賠責保険の支払基準やその手続きの概要、実際に支払われる金額、後遺障害が認定された場合にはその等級と判断に至った理由、重大な過失によって保険金が減額された場合にはその割合と理由、もし保険金が支払われない場合はその理由といった、さまざまな項目に関する情報を、書面によって確認することが可能です。
もし不審な点がある場合には、こうした情報を精査するとともに、紛争処理制度や異議申立制度といった、損害保険会社に再考をうながすための制度が使えないかどうかも確認することが大切です。裁判となった場合には費用や期間の面で訴えた側にも大きな負担となりますので、まずは簡易・迅速な紛争処理制度や異議申立制度で打開を図ることが求められます。

Filed under: 未分類 — smile 1:37 PM