支払われないのが不服な場合は?

自賠責保険は、道路を運行するすべての自動車に加入が義務付けられた強制保険であり、社会的な意義や影響力が大きなものですので、その運営については透明性が求められるということはいうまでもありません。
そこで、自動車損害賠償保障法という法律のなかで、自賠責保険の業務を引き受けているそれぞれの保険会社には、保険金を請求した被害者・保険加入者に対する適切な情報水01提供を行うことを定めています。
保険会社が保険金を支払う場合には、その金額などの事項が法律で求める提供が必要な情報にあたりますが、もし保険金の請求があったにもかかわらず、保険金を支払わないと決定した場合についても、その支払われない理由を書面に明記して、請求をした被害者・保険加入者に知らせなければなりません。
このような情報提供を受けた被害者または保険加入者は、保険金が支払われないのが不服な場合には、異議申立制度または第三者機関の紛争処理制度を利用することが可能です。
異議申立制度は、保険会社に対して再考をうながすために行うもので、さきの決定について弁護士などの専門家が集まる委員会で議論された後に再度判断が下されます。
紛争処理制度は、請求をした被害者または保険加入者と保険会社との間に第三者機関が入り、両者の言い分を調整して和解に導くものです。

Filed under: 未分類 — smile 1:38 PM